父の誕生日に腕時計を贈ろう!予算7000~20000円でおすすめのブランド3選

もうすぐ、父の誕生日。
長年の感謝を伝えるため、いつもと違った贈り物はいかがでしょう?

近年は、腕時計を贈る人が増えています。

「これからも幸せな時間を過ごしてほしい」

こんな想いを込めた腕時計のプレゼント、素敵ですよね。

 

ただ、腕時計をプレゼントする際に悩むのが、

― 価格帯
― 色やデザイン

です。

 

本記事では腕時計選びの基準おすすめのブランド3選をご紹介します。

父の日還暦祝いの贈り物としてもぜひご参考頂ければと思います。

 

 

<参考:サンクスマイルメニュー 父親へのプレゼントに関するアンケート>

 

かなりばらつきがありますね。
プレゼントする本人や父親の年代によっても相場の違いがあるそうです。

また、父の日は別でプレゼントするか、誕生日とまとめるかによっても相場が変わってきます。

一番多いのは3,000~5,000円で35.4%、
次に5,000~10,000円で29.7%を占めていますね。

ちょっといいお酒を贈る人が多いようです。

1万円以上となると12%ですね。

 

ここで、父親の年代の男性がどれくらいの金額の腕時計を使っているか見てみましょう。

こちらは、年代・性別ごとに一番高価な腕時計はいくらなのかというアンケートを集計したデータです。

赤枠で囲った、50~70代男性のデータに注目してみて下さい。

<参考:ネットリサーチのDIMSDRIVE 「腕時計」に関するアンケート

 

母親の年代の女性が所有する一番高価な腕時計は、1~3万円が一番多いです。
1万円以下という回答も15%近くありますね。

プレゼントの相場を照らし合わせると少し割高です。

なので、腕時計は還暦など何かの節目のちょっと奮発したプレゼントとして贈ってはいかがでしょう?

 

上記2つのアンケート結果から、プレゼントとして渡す腕時計の価格帯は

【10,000円~20,000円】 が最もおすすめです!

年代やお財布事情をもとに決めましょう。

 

 

腕時計は服装に合う、時間が見やすいものを選ぼう

腕時計のデザインも、カジュアルからカチっとした雰囲気のものまで多種多様。

いったい何を基準に選べばいいんでしょう?

まずは、男性が腕時計に何を求めているかを調べてみましょう。
こちらは、「なぜ腕時計をつけるのか」という質問への、男女別の回答をまとめたアンケートです。
上位3つの理由に注目してみましょう。

<参考:ネットリサーチのDIMSDRIVE 「腕時計」に関するアンケート

1.時間を知りたいときにすぐ見られる
2.腕時計が好きだから
3.ファッションの一部だから

 

次は、「腕時計を購入する際に重視する点」というアンケートです。

こちらは上位5つの理由を見てみましょう。

<参考:ネットリサーチのDIMSDRIVE 「腕時計」に関するアンケート

1.色・デザインの洗練性(ファッションとの相性)
2.価格
3.時刻の見やすさ
4.  メーカー・ブランド
5.  アナログ

 

この2つのアンケート結果から見える、女性に贈る腕時計選びの基準は、

・時間が見やすいデザイン
・その人のファッションとの相性がいい
・その人が好き、あるいは一般的に知られているブランド
・デジタルよりはアナログ時計が無難

となります!

 

このようなファッショナブルな時計もお洒落ですが…

 

時刻が見やすいという点では、このようにインデックス(文字盤の目盛)がはっきりしていて、
見やすい配色の時計
を選んだ方が喜んで貰えそうです。

 

あとはファッションとの相性ですが、父親の年代を考えると奇抜であったりカジュアルなデザインは避けた方が無難です。

できれば、どんなブランドのどんな時計が欲しいかリクエストを聞けるのがベスト

サプライズにしたい時など、希望を聞くのが難しい場合は
普段使っている時計のデザインやブランドに気を配るようにしましょう。

 

 

以上を踏まえて、
今回はおすすめのブランドを3つセレクトしてみました。

予算も記載していますので、条件にあった腕時計を探してみて下さい!

 

 

外さないブランド!石原さとみさんも愛用する”Daniel Wellington (ダニエルウェリントン)”【予算:1~3万円】

シンプルで見やすく文字盤。
ファッションを選ばない、洗練されたデザイン。

条件をしっかり満たしてくれています。
おまけにリーズナブルなのが嬉しいですね。

リーズナブルといっても、しっかり高級感があります。

石原さとみさんやローラさんといった芸能人の愛用者も多い、
安心と信頼のブランドです。

 

・クラシックモデル

DWを世界に広めたモデル。
カジュアルな服装にもスーツにも対応できる使い勝手の良さが魅力です!

 

Natoベルトにすればカジュアルなイメージに。

ベルト単体の購入もできるので、ファッションに合わせられるよう複数色のベルトをセットにするのも素敵です。

 

付属の工具で簡単にベルトの付け替えができます。

ダニエルウェリントンのベルトの付け替え | SUNDAY LIFE/時計のブログ

 

ブラックモデルもシックでかっこいい♪

 

・2019年の新作、ステンレスベルトタイプ

 

週末のようにのびのびとした日常を♪ “No Monday(ノーマンデー)”【予算16,000円ほど】

ノーマンデーは日本に上陸したばかりのブランド。

 

ブランド名の背景にあるコンセプトは、

「憂鬱な月曜日が感じなくなるほど、週末を楽しくしてくれる時計」です。

 

「シンプル」「調和のとれた」ものであるというデザイン哲学のもとに設計されています。

 

これからリタイヤが控えている両親に、

「これからは月曜を憂鬱に感じることなく、のびのびした暮らしを送って欲しい」という気持ちを込めて、この時計を贈ってみてはいかがでしょうか?

https://nomonday.jp/?mode=cate&cbid=2419384&csid=0

 

・Collections 460 (予算:15400円)

 

・Minute 16(予算:15400円)

 

 

 

素敵なエピソードを持つウッドウォッチ BOBO BIRD(ボボバード) 【予算7000~1万円】

こちらはちょっと変わり種の、木製ウォッチです!

BOBO BIRDはインスタグラムから人気がじわじわ広がり、知る人ぞ知る木製腕時計ブランドとなりました。

【ブランドヒストリー】
ある日、少年は誕生部プレゼントとして腕時計が欲しいと言いました。

大工だった彼の父親は、自ら木を削って作った腕時計をプレゼントしました。
少年はとても喜び、その時計をずっと大事にしました。

月日が経ち、大人になった少年は、BOBO BIRDと刻んだ木製腕時計を造り、 父親にプレゼントしました。
BOBO BIRDというのは、”ボーボー”となく近所の鳥から名付けられました。

父親に贈るのにぴったりな、素敵なエピソードですね!

女性に多い金属アレルギーの人でも気兼ねなく使用できるのもポイントです♪

木箱のデザインも可愛くて、お部屋に飾るとウキウキしますよ(^^)

 


さて、今回の記事は参考になりましたか?

プレゼント選びの一助になれば幸いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です