両親の銀婚式のプレゼントは何を送る?ペアや銀製品の人気プレゼント5選

銀婚式と言えば「結婚から25周年」という結婚記念日の中でも節目のおめでたい記念日です。

最近では離婚率も上がっている中、4分の1世紀も夫婦円満なんて本当に幸せな事だと思います。幸せって普段の何気ない継続なんだなぁ…

日本では喜寿や米寿のような「年齢の節目のお祝い」は一般的ですが、それに比べると金婚式や銀婚式のような「結婚記念●周年」を祝うのはそこまで習慣化していないように思います。

僕の両親もそろそろ結婚25周年の銀婚式を迎えます。
子供である僕(と妹)から両親へ、銀婚式で何をプレゼントするかという話をしていたので、今回は銀婚式のプレゼント選びについて調べてみました。

銀婚式のプレゼントは”銀”にちなんだ『銀製品』や『ペア』が一般的

僕もそうですが、銀婚式もそこまで一般的ではないのでプレゼントを何にすればいいのか悩んでしまう人も多いと思います。

銀婚式で子供から両親へのプレゼントとしては、

定番の銀婚式のプレゼント

銀婚式の名にちなんで銀のものをプレゼントする
夫婦ペアのものをプレゼントする(名前入り)

などが一般的なようです。

具体的には

「スプーン」
「指輪」
「ペアウォッチ」
「湯のみ」

などが定番のプレゼントみたいです。

などの食器や身に着けるアクセサリ類が人気があるようです。特に名前入りのペアだと物として残りますし、身に着けるものでば尚更。

是非結婚から25周年=26年が経過して傍にいる事が当たり前になった今、気恥ずかしいと言いつつもお互いを再確認する機会を作ってみるのも粋かも。

ちなみに銀婚式の”銀”にかけて銀製品をプレゼントするというのは、イギリスの銀婚式の風習のようですよ。

気持ちのこもった銀婚式のプレゼント例

それ以外にも銀婚式というよりも「家族の記念日としてのプレゼント」で、家族旅行や家族写真なんかも定番&人気ですね。

無理に前記の銀製品やペアにあてはめるより、「両親が喜びそうなもの」をプレゼントするケースが多かったです。調べてみると色んなアイデアが見つかったのでメモしておきます↓

【その他の銀婚式プレゼント案】
・家族旅行
・夫婦の似顔絵を描いてもらう
・家族でちゃんとした記念撮影(「夫婦2人で」と「家族全員で」)
・いい感じの食事に招待
・万年筆

やはり忙しくて時間が合わなくなって全員で揃うのが難しくなってくるほど、「家族全員で思い出に残る」という体験は特に喜ばれるみたいです。

プレゼントの予算は1~3万円くらいが相場。でも気持ちのこもったものが一番!!

銀婚式のプレゼントを贈る子供側が学生か社会人によっても大きく変わりますが、一般的な銀婚式の両親へのプレゼントの相場は1~3万円くらいのようです。

とは言え、親子なのでそこまで金額を気にする必要もないと思いますし、趣味から性格、生活まで知り尽くしている関係だからこその気持ちのこもったプレゼントの方が喜ばれるのではないでしょうか。

【補足】「金婚式」や「銀婚式」以外の結婚記念日の種類
ちなみに、結婚記念日といえば25周年の「銀婚式」や50周年の「金婚式」が有名ですが、実は1周年から60周年まで「●婚式」と名前がついているってご存じですか?

結婚●周年 呼び方
1周年 紙婚式
2周年 綿婚式
3周年 革婚式
4周年 花婚式
5周年 木婚式
6周年 鉄婚式
7周年 銅婚式
8周年 ゴム婚式
9周年 陶器婚式
10周年 錫婚式(アルミ婚式)
15周年 水晶婚式
20周年 磁器婚式(陶器婚式)
25周年 銀婚式
30周年 真珠婚式
35周年 珊瑚婚式
40周年 ルビー婚式
45周年 サファイア婚式
50周年 金婚式
55周年 エメラルド婚式
60周年 ダイヤモンド婚式

参考:金婚式・銀婚式は何年目?結婚記念日の数え方と結婚記念日一覧

材質の名前がついており、1年目は紙(記念日の名前”紙”ってどうなのか…)から始まって、徐々に材質が良くなっていくんですね。最終的にダイヤモンド婚式になりますが、アルミ婚式とかカタカナだとなんか微妙な気が。

夫婦円満が長続きするという事はそれだけ素晴らしくて価値のある事なんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です